本文へスキップ

保育士の資格と仕事/保育士試験の合格ライン

保育士試験の合格ライン

保育士試験の合格ライン

保育士 合格

保育士試験の合格ラインは、1科目あたり、6割以上の正答が条件とされています。

また、「児童心理学および精神保健」などジャンルが2つにまたがっている科目については、それぞれのジャンルで6割以上正答しなければなりません。

なお、1回の受験で全科目合格できる人は、毎年およそ10%程度でかなりの難関試験となっています。

ですが、実際には3年以内に全科目合格すればいいので、資格試験で合格を目指す人は、2年もしくは、3年かけて合格を目指すという風に考えればかなり合格への道も近づくのではないでしょうか。


・保育士試験の試験内容
・保育士試験の一部科目免除
・保育士試験の合格ライン
・平成22年度過去問題