本文へスキップ

保育士の資格と仕事/保育所の勤務形態

保育所の勤務形態

保育士の勤務形態

保育士 合格

保育士の勤務形態は、勤務先が通所施設か居住型の入所施設化で異なってきます。

保育所などの通所施設の場合、子供は各家庭から通ってくるので、勤務形態は日勤です。保育時間は、およそ8〜12時間くらいですが、基本的には8時間勤務でローテーションを組んでいます。

ただし、児童養護施設などの入所施設では、24時間子供の生活をサポートしなければなりませんので、より変則的な勤務形態になります。

施設による勤務形態の違い


 保育所(公立)の場合 
 早      番  7:45〜16:30
 通  常  番  8:30〜17:15
 遅      番  9:30〜18:30


 乳児院の場合 
 日      勤  8:00〜16:45
 準  夜  勤  16:00〜0:45
 深  夜  勤  0:00〜8:45


 知的障害児入所施設の場合 
 早      番 6:30〜15:15 
 平  常  番  8:30〜17:15
 遅      番  9:30〜18:15
 特  遅  番 11:15〜20:00
 夜      勤  16:15〜8:45


・保育士の仕事
・保育士の職場
・保育所ってどんなところ?
・保育士の勤務形態