本文へスキップ

保育士の資格と仕事/保育士の職場

保育士の職場

保育士の職場

保育士 合格

保育士は、「児童福祉法施行令」で「児童福祉施設において、児童の保育に従事する者」とされています。

この「児童福祉施設」が保育士の主な職場です。児童福祉施設には、大きく分けると14種類ありますので、簡単に分類しながら見てみましょう。


1.保育に欠ける子供のための通所施設

◆保育所
保育所は、保護者の委託を受けて、保育に欠けるその乳児又は幼児を保育することを目的とする施設。


入所条件に「保育に欠ける」とあるので、保護者の共働きが主な入所理由だが、就労していなくても、出産の前後、疾病負傷等、介護、災害の復旧、通学、等で「保育に欠ける」状態であれば入所を申し込む事が出来る。ただ、施設の定員等の関係上、どの保育所にも入所することができない児童、いわゆる待機児童が発生している地域がある。(待機児童の数は、2006年4月現在、日本全体で約19,800人であることが、厚生労働省の調査により分かっている。)

また、現在は入所としての利用だけでなく、「一時預かり」を実施している保育所もある。この場合、利用日数に上限はあるが就労等の利用条件はない。


また、幼稚園は、学校教育法に基づき、満3歳以上の幼児に対して就学前教育を行うことを目的とする施設だが、2006年に成立した「就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律」により、幼稚園と保育所との機能を併せ持つ認定こども園の設置が可能となった。


厚生労働省の調査によると、2006年3月31日現在、全国で22,570の保育所があり、約200万人の児童が通所している。


2.子供に生活の場を提供する入所施設

◆乳児院
乳児院は、乳児を入院させてこれを養育し、あわせて退院した者について相談その他の援助を行うことを目的とする施設。


児童福祉法において乳児とは1歳未満の者をさすが、乳児院では、必要がある場合、小学校入学前の児童までを養育できる。かつて孤児院と呼ばれたように、以前は戦災孤児や捨て子等が入所児の大半であったが、現在の入所理由は、虐待、婚姻外出産、母親の病気、離婚や死別等で母親がいない、子ども自身の障害等である。乳児院に入所していた子どもは、その後、両親や親族の元へ引き取られたり、養子縁組等で里親の元へ引き取られるが、それが無理な場合は、小学校に入学するまでに児童養護施設へ措置変更となる。


厚生労働省の調査によると、2006年3月31日現在、全国で119の施設があり、約3,000人の児童が入所している。

◆児童養護施設
児童養護施設は、保護者のない児童、虐待されている児童、その他養護を要する児童を入所させて、これを養護し、あわせて退所した者に対する相談その他の自立のための援助を行うことを目的とする施設。


厚生労働省の調査によると、2006年3月31日現在、全国で558の施設があり、約29,800人の児童が入所している。


3.障害を持つ子供のための施設

◆知的障害児施設
知的障害児施設は、知的障害のある児童を入所させて、これを保護するとともに、独立自活に必要な知識技能を与えることを目的とする施設。

◆知的障害児通園施設
知的障害児通園施設は、知的障害のある児童を日々保護者の下から通わせて、これを保護するとともに、独立自活に必要な知識技能を与えることを目的とする施設。

◆盲ろうあ児施設
盲ろうあ児施設は、盲児又はろうあ児を入所させて、これを保護するとともに、独立自活に必要な指導又は援助をすることを目的とする施設。

◆肢体不自由児施設
肢体不自由児施設は、上肢、下肢又は体幹の機能の障害(以下「肢体不自由」という。)のある児童を治療するとともに、独立自活に必要な知識技能を与えることを目的とする施設。

◆重症心身障害児施設
重症心身障害児施設は、重度の知的障害及び重度の肢体不自由が重複している児童を入所させて、これを保護するとともに、治療及び日常生活の指導をすることを目的とする施設。


4.子供に遊びの場を提供する施設

◆児童厚生施設
児童厚生施設とは、児童遊園、児童館等児童に健全な遊びを与えて、その健康を増進し、又は情繰をゆたかにすることを目的とする施設。
厚生労働省の調査によると、2006年3月31日現在、全国で4749の児童館、3,721の児童遊園がある。


5.配偶者のいない女性とその子供のための施設

◆母子生活支援施設
母子生活支援施設は、母子家庭の母と子(児童)を入所させて、これらの者を保護するとともに、これらの者の自立の促進のためにその生活を支援し、あわせて退所した者について相談その他の援助を行うことを目的とする施設。かつては母子寮と呼ばれていたが、1998年から現在の名称に改められた。


厚生労働省の調査によると、2006年3月31日現在、全国で285の施設があり、約4,100世帯が入所している。


6.行動(情緒行動面)に問題のある子供のための施設

◆情緒障害児短期治療施設
情緒障害児短期治療施設は、軽度の情緒障害を有する児童を、短期間、入所させ、又は保護者の下から通わせて、その情緒障害を治し、あわせて退所した者について相談その他の援助を行うことを目的とする施設。


「短期」と称するものの、入所期間が近年では長期化する傾向にあること、「情緒障害児」の定義について、教育現場などとでは異なることから、児童心理療育施設の名称を通称として名乗る施設が増えてきている。全国情緒障害児短期治療施設協議会
厚生労働省の調査によると、2006年3月31日現在、全国で27の施設があり、約890人の児童が入所している。

◆児童自立支援施設
児童自立支援施設は、不良行為をし、又はするおそれのある児童などを入所させて、必要な指導を行い、その自立を支援する。
厚生労働省の調査によると、2006年3月31日現在、全国で56の施設があり、約1,900人の児童が入所している。


以上のほか児童福祉施設には、助産施設と児童家庭支援センターがあります。


◆助産施設
助産施設は、保健上必要があるにもかかわらず、経済的理由により、入院助産を受けることができない妊産婦を入所させて、助産を受けさせることを目的とする施設。


通常、出産する者に対しては健康保険により30万円程度の出産育児一時金が支給されるが、健康保険に加入していない生活保護受給者や、低所得者で出産に30万円以上の費用がかかりそうな者が対象になる。通常、産婦人科を有する病院や助産院等が助産施設の指定を受けることが多い。


厚生労働省の調査によると、2006年3月31日現在、全国で494の施設がある。


◆児童家庭支援センター
児童家庭支援センターは、地域の児童の福祉に関する各般の問題につき、児童、母子家庭その他の家庭、地域住民その他からの相談に応じ、必要な助言、指導を行い、あわせて児童相談所、児童福祉施設等との連絡調整その他厚生労働省令の定める援助を総合的に行うことを目的とする施設。基本的に他の児童福祉施設に併設される。


保育士養成校卒業者の就職先(2000年)


就職先  人数  割合
 保育所  14,346  44.2%
 幼稚園  6,664  20.5%
 児童福祉施設  793  2.4%
 児童事業  658  2.0%
 知的障害者養護施設  507  1.6%
 身体障害者更生擁護施設  117  0.4%
 老人福祉施設  606  1.9%
 その他  8,760  27.0%
 総数  32,451  100.0%


・保育士の仕事
・保育士の職場
・保育所ってどんなところ?
・保育士の勤務形態