本文へスキップ

保育士の資格と仕事/幼保一体化

幼保一体化

幼保一体化

教育方針イメージ

幼保一体化は、少子化の進行、育児サービスの多様化に伴って生じている幼稚園と保育所の抱える問題点を解決するべく、幼稚園と保育所の一体化を図ろうとする政策である。

幼保一体化には様々な課題が山積している。

保育所は社会保障のセーフティネットとしての役割を持ち平等な保育(教育)が原則であるのに対し、幼稚園は入園の応諾義務と授業料の公定が教育になじまないとして反対している。


また、保育所は保育に欠ける児童を収容する児童福祉施設であり、幼稚園は就学前に通わせる教育施設である。その目的にあわせて、施設整備や人員配置、カリキュラム作成が行われている。


さらに、保育所児の保護者は原則として、共働き又は一人親家庭であり、幼稚園の保護者は片働きである事が多い。幼稚園の保護者会は専業主婦の都合に合わせ昼間の時間帯に行われることが多いが、保育園では保護者会は就労事情を考慮し就労時間外に行なうことが多い。

当然であるが、幼稚園と保育所では、「せんせい」のもつ資格も違うなどクリアしなければならない問題は多岐にわたっている。


ただ、国全体で安心して子育てができる環境を早期に作っていかなければ、たちまちの社会問題でもある待機児童の問題やしいては、少子化の問題などの解決にはおぼつかない。


・保育士になるには?
・保育士の将来について
・保育士登録について
・幼保一体化

・保育所と幼稚園の違い


 保育士の資格
・保育士資格の取り方
・保育士の資格試験
・保育士の資格取得の勧め

・無料資料請求
 保育士 合格
 保育士の仕事
・保育士の仕事
・保育士の職場
・保育所ってどんなところ?
・保育士の勤務形態
 保育士 合格
 保育士の試験
・保育士試験の試験内容
・保育士試験の一部科目免除
・保育士試験の合格ライン
・平成22年度過去問題
 保育士 合格