本文へスキップ

保育士の資格と仕事/保育士の将来について

保育士の将来

保育士の将来について

教育方針イメージ

近年の少子化により、子どもの数は減っているものの、夫婦共働きの家庭が増加し、 保育所の需要は高まって います。

また、企業内に設置された保育所やデパートの託児所、ベビーシッターなど、児童福祉施設以外にも保育士が求められる施設が増えています。

保育士は出産・子育てなど自身の経験も仕事に活かしながら、ずっと現役で活躍できる仕事です。

安心できる 保育施設が求められる中、きめ細やかな気配りの出来る保育のスペシャリストが活躍できる現場は、今後も増 えていくでしょう。

そういった環境の中で、1994年に「子ども権利条約」や1997年「児童福祉法」の改正がされるなど、少子化、共働き家庭の一般化、家庭や地域の子育て機能の低下などの諸問題をフォローするために、保育所やその他の児童福祉施設の役割も徐々に変化しつつあります。

また、「エンゼルプラン」「新エンゼルプラン」が出され、子育て支援のための対策に関する新たな目標値が設定されました。保育所での保育については、低年齢児の受け入れの拡充や一時保育、休日保育の推進などに力を入れるよう求められており、保育士の社会的な役割はますます高まりつつあります。

・保育士になるには?
・保育士の将来について
・保育士登録について
・幼保一体化

・保育所と幼稚園の違い


 保育士の資格
・保育士資格の取り方
・保育士の資格試験
・保育士の資格取得の勧め

・無料資料請求
 保育士 合格
 保育士の仕事
・保育士の仕事
・保育士の職場
・保育所ってどんなところ?
・保育士の勤務形態
 保育士 合格
 保育士の試験
・保育士試験の試験内容
・保育士試験の一部科目免除
・保育士試験の合格ライン
・平成22年度過去問題
 保育士 合格