本文へスキップ

保育士の資格と仕事/保育士になるには?

保育士になるには?

保育士になるには?

教育方針イメージ

以前は保母さん・保父さんと呼ばれていた保育士。子どものに関わる仕事とあって、女性を中心に人気の高い国家資格となっています。

そんな人気の保育士には、一体どのようにしたらなれるのでしょうか?

もちろん子ども好きであることは条件のひとつですが、資格取得者でないと保育士の仕事には就けません。

保育士の資格を取るには方法は以下の2つです。

◆保育士となる資格が取得できる厚生労働大臣の指定する養成学校(大学・短期大学・専門学校など)を卒業する。
◆保育士資格を受験し、保育士資格を取得する。

保育士となる資格が取得できる養成学校(大学・短大・専門学校)の場合は、「保育士」と「幼稚園教諭」の ダブル取得ができる学校も多く、この方法で保育士になることも多いようです。また、受験資格を満たし、各 種スクール等で学び保育士試験に合格することで「保育士」 資格を取得することができます。


保育士試験は平成16年度から全国統一問題となり、試験も同日開催となりました。
筆記試験と実技試験が行われ、筆記試験の全科目に合格しないと実技試験を受けることはできません。


実技試験も合格すると合格通知書が発行され、保育士に登録することができます。そして保育士証が交付され れば、保育士として働くことができます。 保育士は、子供の健やかな育ちを助ける専門職です。

子供と共に過ごし、その健やかな成長を支える保育士。専門的知識及び技術をもって、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行います。

子供の少子化が社会問題化して子供を取り巻く環境は、どのように変わり、子供はどんなサポートを必要としているのでしょうか?

・保育士になるには
・保育士の将来について
・保育士登録について
・幼保一体化
・保育所と幼稚園の違い



 保育士の資格
・保育士資格の取り方
・保育士の資格試験
・保育士の資格取得の勧め

・無料資料請求
 保育士 合格
 保育士の仕事
・保育士の仕事
・保育士の職場
・保育所ってどんなところ?
・保育士の勤務形態
 保育士 合格
 保育士の試験
・保育士試験の試験内容
・保育士試験の一部科目免除
・保育士試験の合格ライン
・平成22年度過去問題
 保育士 合格